幸せの形ってなんだろう。日本がウロウロしている日

2月6日朝、台湾南部でマグにチュード6.4の地震があったという。震源の深さは10キロだという。

朝起きたら、こんなニュース、昨日は桜島もマグマが見えるような爆発的噴火を起こしている。国は違ってもつながっている…

シャープや東芝が身売りしなければいけなくなっているとか、コンビニの恵方巻が大量に廃棄されたとか、SAPICS(小学生の中学受験大手学習塾)の今年も一人勝ちとか、そんなニュースの中、ウロウロしている私。

日本という国はいま幸せな国になっているのか。高い技術力まで海外に売らなければならない斜陽の国となったのか。食品を大量に廃棄しても作り続ける、恵方巻というここ10年で作られたようなキャンペーン?本当に必要?

私たちの親が目指してきた経済的な豊かさや技術の革新を得て、この先はどんな形に?みんながもがいているような気がする。日本は今、岐路に立たされているのかもしれない。その正解がみえないからみんながウロウロしている。その停滞感は経済にも表れている。みんなの気持ちが前に向かっていない感じ。

だからなのかな、最近は「日本を外国人から褒めさせたりするようなテレビ番組」が多くなっているような気がする。外から『いい国だね』と言ってもらわなければならない日本、幸せの形を再び模索し始めた日本はいまウロウロとしている。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ