大阪市教育委員会、組み体操の「ピラミッド」「タワー」禁止に

2月9日、大阪市教育委員会は、小中学校の運動会で、組み体操の事故が相次いだことを受けて、全国で初めて「ピラミッド」と「タワー」を禁止することを決めた。昨年9月に高さ制限をしたが、その後も事故が無くならなかったため。

また、馳文部科学相は2015年度中に組み体操について事故防止の方針を出すと記者会見で述べたという。

【ネタ元 共同通信 2016/2/9 12:03

Sponsor Link

 

「ピラミッド」とは四つん這いになった体制でピラミッド型を構成するもので一番負荷がかかるため崩れた時に重大な事故になる恐れがあるとされていたもの。

「タワー」は肩の上に立って塔をつくるものだ。大阪市は一歩踏み込んで種目の制限をしたということ。

今後文部省の方針が出れば、2016年度の運動会から全国的に組み体操の内容が変わってくると思われる。

皆で合わせて作る形が組み体操の良さなのだからあえて危険を冒すことはない、子供たちの安全第一でお願いしたいと親として思う。

正直なところ、「組体操」ってやってる子供たちは楽しいのかって話だけど。私は子どもの頃、運動会で拍手をもらうのはうれしかったけど、練習中は自分たちでは形も見えないし、あまり楽しくはなかった。

いままで見せ場となっていた「ピラミッド」や「タワー」がなくなるなら、もしかしたら「組み体操」という演目自体がなくなるかもしれないなと思う。

それでいいような気がするけど。

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ