ゲーム機バキバキ事件と3DSの修理を依頼した子どもの手紙の話

2月12日、バイオリニストの高嶋ちさ子さんが「平日にゲームをしてはいけない」という家庭でのルールを守らなかった我が子に対して、「ゲーム機をバキバキと折った」という話を東京新聞のコラムに書いたところ、高嶋さんのツイッターが炎上しているという。

【ネタ元 BIGLOBEニュース2016年2月12日 19時41分

 

この件については何も言うまい。いまは誰でも直接知らない人に意見したり、発信できる時代。きっと高嶋さんもショックを受けていることだろうから。

 

次の記事を読んで欲しい!!

 

「3DSを壊してしまい修理に出した8歳児が下手な大人よりしっかりした謝罪文を任天堂に送付 ネット上で称賛の声」 ねとらぼ2016年02月05日 17時53分 更新

Sponsor Link

 

お友達のようにゲーム機を思っている子どもの気持ちが痛いほど伝わってきて、なんかジーンとする。

ゲーム機を破壊するというような行為からはこういう気持ちは育たないだろう。

人もそれぞれ、母もそれぞれ、子育ても何が正解かわからないけれどね。

物を大切にする優しい気持ちの子どもにしたいなら、ゲーム機破壊なんて絶対にやっちゃいけないことだと思うけど、表現者としてのすごい音楽家にするには多少手荒だけど厳しいことも必要なのかもしれないしなあ。

高嶋さんはご自身が表現者なのだから、感情が一般の人より豊かだということじゃない。それが音楽性につながっているのかもしれないし。

目指す方向が世のお母さんと違うかもしれないね。

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ