福島第一原発事故から5年、国民負担金3兆4613億円超でも原発推進?

時事通信が試算したところによると、東電は福島第一原発の発生から5年間に損害賠償や除染、汚染水対策などで国民が負担した額が確定分だけで3兆4613億円を超えることがわかったという。

全国民の頭数で割ると一人2万7000円になる金額。さらに国民の負担額は今後も増える見通しで本当に事態が収拾するまでを考えると総額は見通せない。

【ネタ元 時事通信3月11日(金)7時46分配信 】

Sponsor Link

ほんと、事故を起こしておいて、さらに事態の収拾もまだなのに原発をさらに動かそうとする安倍政権や電力会社、事故を起こしておいて、被害者である国民に負担を強いるというのはどういうことなんだろう。これから先何十年、いや何百年?先まで後処理がかかるとしたら、いったいどれだけの損失を計上することになるのか。

こういうリスクを考えたらもう原発による発電をやめるべきなのではないのか。

夏の最も電力を使う時期でもこの2、3年、国民の節電の意識が根付いたせいもあり、原発が一基も動かなくても電力供給が間に合わなくなることがなかった。

原発が一基も動かなくても電気は間に合っているというのに、現在44基(廃炉予定や建設中!!のものは含まない)も存在する原発。小さな島国にこんなにたくさんの原発…いらないでしょう。

電気が間に合うなら、原発なんていうリスクとコストが高すぎるものはいらないに決まってる。会社経営でいうと真っ先に切り捨てられるものなのにね。コンプライアンスに引っかかったり、経費のかかるものは切り捨てられるのがいまの世の中。それなのになんで原発はそのまま…???

時事通信の別の記事には電事連が調子のいいことを言っていることが記事になっていた。原発事故を起こしたら、事故の負担金が莫大になるから、電力会社の負担額の上限を設定して、あとは政府が面倒みてくれと言っているらしい。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2016031100119

そんなこと言うならいまさら原発作ったり、動かしたりしないでほしい。

原発推進する政治と電力会社にはうんざり。

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ