第5回科学の甲子園に優勝したのは愛知県の私立海陽中等教育学校

3月18日から21日まで茨城県つくば市で行われた「第5回科学の甲子園全国大会」(科学技術振興機構主催)で、愛知県代表の海陽中等教育学校が優勝した。2位は神奈川県の栄光学園高校、3位は岐阜県立岐阜高校だった。今大会は8,261名のエントリーがあり、各都道府県の選 考を経た代表47校、合計365名の高校生達が、科学に関する知識とその活用、実技で競った。

【ネタ元 時事通信 (2016/03/20-18:08)】

Sponsor Link

優勝するとアメリカで行われるScience Olympiad National Tournamentに参加できるようだ。

第4回のものだが、科学の甲子園の過去問はこちらに掲載されている。

http://koushien.jst.go.jp/koushien/tournament/2014/index.html

 

私には問題自体、ちんぷんかんぷん。高い科学の知識が必要なことは勿論だけれど、さらに自分の知識を仲間に伝えてチームで戦うのだから、コミュニケーション能力についても問われると思う。

知識があり、コミュニケーション能力があれば、最高。それができる高校生のみなさんは素晴らしいと思う。

優勝した海陽中等教育学校というのは愛知県蒲郡市にある全寮制の男子中学、高校一貫校だ。ウィキぺディアによると、トヨタや中部電力、JR東海といった地元の有力企業が中心となってイギリスのイートン校をモデルとして2006年に設立されたという。

授業料は寮費などを入れて年間約280万円!初年度はこれにプラスして入学金60万円があるので340万円ほど。

かなり裕福な家庭のご子息しか行けない学校みたい。

 

 

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ