高知県須崎市、海で見つけた器具が爆発、小5女児重傷 信号弾か

4月25日午後2時45分頃、高知県須崎市の海岸に家族で釣りにきていた小学5年生の女児が堤防の上で器具を見つけ、手に取ったところ暴発、鼻を骨折し、顔に裂傷などの重傷を負った。父親が病院へ運び、4月26日に警察へ届け出た。高知県須崎署によると、破片などから器具は船が救助を求める際に使用する信号弾とみられており、現場に放置されていた経緯や所有者などを調べている。

【ネタ元 毎日新聞4月27日(水)21時19分配信

 

Sponsor Link

家族で海へ行って、テトラポットや堤防のところで子どもが遊ぶって普通。なのに大事故になってしまったとのこと。とても悲しい事故。

海に行ったら興味のあるものに触るでしょ。女の子は何にも悪くないのに、たまたま落ちていたものが悪かった。

海に落ちているものに危険なものがあるということ、私たち親が認識しておくべきかも。

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ