熊本の地震が止まらない…川内原発、伊方原発は大丈夫か。

熊本の最初の震度7の地震から半月が経ったが、4月29日には大分県で震度5強の地震があるなど、地震が続いている。既に震度1を超える地震の回数は1000回を超えており、気象庁の青木元・地震津波監視課長は4月28日の会見で、「新潟県中越地震で震度1以上の地震が1000回になったのは1年くらい経ってから。それに比べれば非常に活発だ。」と説明した。

昨年全国で起きた震度1以上の地震は約1800回だったという。

【ネタ元 時事通信4月28日(木)18時24分配信 毎日新聞4月30日(土)2時32分配信 】

Sponsor Link

時事通信の28日のニュースに書いてあった一文に驚いた。

昨年全国でおきた震度1以上の地震は約1800回だった

えー、もう熊本地震の本震や余震とみられるものだけで1000回を超えているというのに、昨年は全国で震度1以上が1800回くらいだったって…

被災地の方々の不安は計り知れないと思う。揺れが収まってくれなければ、普通の生活ができない。

これほどの短期間に集中的に地震を受けている土地の建物や設備がダメージがないわけがないと思うし。そういう不安があって、家には帰れない方も多いと思う。

今回の熊本の地震は一向に収まる気配をみせないという点で特異だと思う。

ホントに大丈夫なんだろうか。原発は。

鹿児島の川内原発、愛媛県の伊方原発を止めて欲しいと本当に思う。

川内原発の耐震データの疑惑について書かれたレポートが最近ネットで注目されていると下記のブログに書いてあった。(下記リンク先にデータ疑惑のレポートへのリンクもあり。)

http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2016-04-24

 

いまこれほど九州で地震が多発する中、もう一度原発が国内で事故を起こせば日本は終わると思う。

こんなに地震が多く、火山が多く、海に囲まれた小さな島国に必要もない原発がなぜ50基以上既にあるのか。

原子力発電はリスクが大きすぎることを5年前の福島第一原発事故で学んだはずなのに、福島の事故を見て他国は原発を廃止したのに、なぜ当事国である日本は原発を動かして、さらに輸出して平気なのだろう。日本の政治家は頭がおかしいのではと思う。

 

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ