台東区母親殺害容疑で逮捕の元私立女子高校生 犯行動機は…

2016年5月8日の母の日に15歳の女子高校生が2月に母親を台東区の自宅で殺害した容疑で逮捕された事件。昨日動機とも思われる新しい事実が報道されていた。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00327797.html

15歳の少女は当時通っていた私立中学校で他の生徒の水着2点を嫌がらせのため盗んだ(毎日新聞では「隠した」と書いてあった)ことが発覚し、学校側が母親に通告する予定日が迫っていたという。少女はこのトラブルについて学校側から母親との面談を求められており、その回答期限が2日後に迫っていたというのだ。

Sponsor Link

母親に事実を伝えることができず、学校での問題の発覚を恐れて殺害に及んだ可能性があるという。

スマホを買ってもらえなかったからとか、教育熱心な母親に対しての恨みとかではなく、厳しい母親に自分の学校でのトラブルを知られたくなかったことから犯行に及んだのだとしたら…。

教育熱心で口うるさい母親の前では絶対に優等生であり続けなければいけなかった少女の重荷。

 

よかれと思って口出ししていることが、子どもを追い詰めていることもあるかもしれない。

親として考えさせられるニュースだ。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ