青森県南部町小4男児がトイレのノブなくトイレの窓から転落して…

青森県南部町の小学校で、6月9日に小学校4年生の男子児童が校舎3階のトイレの窓から転落する事故があったことがわかった。男児は右足首や背骨などを骨折する大けがを負ったという。

給食の後片づけの時間帯にトイレから廊下に出ようとしたところ、ドアノブが取れていてみあたらなかった。窓から出ようと窓枠に腰かけたものの、危険だと思いトイレ内に戻ろうとした際に滑って校舎裏手の砂利に尻から落ち、右足のくるぶし付近とかかと、背骨の計3カ所を骨折した。生徒はその後自力ではって正面玄関近くまで移動して事務職員に助けを求め、病院に救急搬送された。

【ネタ元 デイリー東北新聞社 6月25日(土)11時28分

Sponsor Link

学校のトイレのノブがなかったことで起こった事故なのだがこの子のすごい頑張りに拍手を送りたかったので掲載。

校舎裏手の砂利に3階から落下し、背骨や足などが骨折している体で、よく正面玄関近くまで自力ではって事務員さんに助けを求められたなあと感心した。

小学4年生の底力にびっくり。早く良くなってください。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ