国立西洋美術館が世界遺産に登録…建築家ル・コルビジェ氏って?

7月17日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会は、東京の国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジエの建築作品」を、世界遺産に登録することを決定した。1996年から耐震工事を行ったが、建物の見た目を一切変えることなく、揺れを吸収する「免震装置」を基礎部分に設置することで補強を行っていた。コルビジェ氏のデザインを保っていたことで世界遺産への登録が決定したという。

【ネタ元 TBS系7月17日(日)22時54分配信

Sponsor Link

上野で世界遺産と聞いて??と思ったら国立西洋博物館だった。近代建築の巨匠であるコルビジェ氏について勉強。
現在は一般的になっているけれど、当時としては革新的であったコンクリートを使った四角いデザインが特徴なんだね。

ル・コルビジェ氏 ウィキペディア


 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ