西宮の保育ルームで1歳児死亡、篠山 中3通学途中死亡なぜ?

2月18日午後4時半ごろ、兵庫県西宮市内の小規模保育所「保育ルーム」で1歳2か月

の男児が息をしていないと通報があり、救急搬送されたが、約1時間後に病院で死亡したという。

西宮署によると、男児に目立った外傷はなかった。

Sponsor Link

男児は昼寝中だったとみられ、ほかの子ども2人とともに、女性保育士2人が見ていた。

同署は「男児に持病があったということは聞いていない」としている。

2月19日、司法解剖して死因を調べる予定。

【ネタ元 神戸新聞NEXT 2014/2/18 23:40 】

 

 

 

考えられるのはうつぶせ寝だろうか?昨日から子供の突然死のような

事件が相次いでいるので気になった。

下記も中学生の突然死?

 

 

 

2月17日午前8時15分頃、出勤中の女性が兵庫県篠山市高屋の県道の

横断歩道に倒れている中学生を見つけ、篠山署河内駐在所に届け出た。

倒れていたのは市立西紀中学校3年の篠山市黒田の岡田向陽(15)さん。

岡田さんはドクターヘリで加古川市の病院に運ばれたが死亡が確認された。

篠山署は、車などによるひき逃げの可能性もあるとみている。

岡田さんはヘルメットをかぶったまま、自転車ごと倒れており、

女性は、少年がいったん起き上がった後、再び倒れるところを目撃したという。

岡田さんに目立った外傷はなく、18日に司法解剖して死因を調べる予定。

【ネタ元 神戸新聞NEXT 2014/2/17 20:14】

 

 

どちらも原因不明で子供が亡くなるという事件?事故?

年齢こそ15歳、1歳と違うが、変死が続いたので気になった。

朝元気に出て行った子供が冷たくなって帰ってくるなどというのは

親として有り得ない。

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ