4億円を子どもの未来の為にポンと寄付した人の記事に感動

8月3日の記事の中でとても興味深かったのは下記の記事。政府がやっている「子供の未来応援基金」に個人で4億円を寄付した河野経夫さんという方の話。

何している人?というと第一住宅(埼玉県川越市)の会長さんのよう。なぜ多額の寄付をしたのか?

実は、私の会社は同族会社でしてね。会社の純資産は90億円なんですが、息子も継ぎませんので、そのうち20億円で持ち株会をつくって、みんなの会社にしようと。

そういう趣旨で株を処分したので、それで寄付しようと決めたんです。

税金を払いながらコツコツ貯めたお金を寄付したわけじゃないんです。

そこまでのお金はない。臨時収入ですよ(笑)。

私たちの会社がここまで来られたのは社会のおかげです。

社会のおせわになったわけだから、社会のお役に立ちたい、と。

Sponsor Link

なかなかできることではない。寄付ってね。本当に気持ちだから。ましてすごい大金となると…。

みんなが小金持ちになろうとする世知辛い世の中で、数億のお金を「社会のために」とポンと寄付できる器量の人がいるということに感動。奥様が提案しご主人が「いいな」と言ったと書いてあったからご夫婦ともに出来た方だと思う。

私だったら「4億円寄付したら?」なんて言えないだろうから。

素敵な会長さんのいまの日本への危機感、その通りだと思う。

4億円を寄付した男の”危機感”

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ