メジャー3000本安打イチローさんの小6卒業文集の作文がすごい

数日前、イチローさんがメジャー通算3000本安打を達成した。イチローさんは誰もがすごいと認める選手であり、日本人として鼻が高い。

実は、イチローさんは「今の姿になるべくしてなっている」ということをセミナーで聴いた。彼の現在の姿は小学生の頃から想像できたと言われている。イチローさんが小学6年生の時に卒業文集に書いた作文が一味も二味も違うというのである。

全文はこちら

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。
そのためには、中学、高校と全国大会にでて活躍しなければなりません。
活躍できるようになるためには練習が必要です。
僕は3才の時から練習を始めています。
3才から7才までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは、365日中360日は、激しい練習をしています。

だから1週間中で友達と遊べる時間は5~6時間です。
そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。
そして中学、高校と活躍して高校を卒業してからプロ野球選手になれると思います。
そしてその球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。
ドラフト入団で、契約金は、1億円以上が目標です。

僕が自信のあるのが投手か打撃です。
去年の夏、僕たちは全国大会にいきました。
そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうちホームランを3本打ちました。
そして、全体を通した打率は、5割8分3厘でした。
このように自分でも納得のいく成績でした。
そして僕たちは1年間負け知らずで野球ができました。
だから、この調子でこれからも頑張ります。

そして、僕が一流選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも夢の一つです。
とにかく一番大きな夢はプロ野球選手になることです。

Sponsor Link

イチローさんのすごいところは、夢はプロ野球選手になることという自分の進むべき目標がしっかり定まっているところ、目標が漠然とではなく計画的に考えられるほど具体的であること。その夢に向かって人一倍の努力していること。さらにお世話になった人への感謝の気持ちがあること。ここがポイントなのだそう。

小学生の時から違っていたイチローさんにはなれないかもしれないけれど、目標がなければ何事も叶わないことをイチローさんは体で教えてくれているように思う。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ