キム・ヨナが浅田真央の涙にこみ上げた思い、永遠のライバル

ソチ冬季五輪のフィギュアスケート女子で銀メダルを獲得した韓国代表の

金妍児(23)=キム・ヨナ選手は2月21日、記者会見で、これまで最も記憶に残った

ライバルを問われ、迷わず浅田真央(23)=中京大=の名を挙げた。

Sponsor Link

「2人だけがライバルという状況で10年以上も競技を続けてきた。

私たちのように比較され続け、共に競技した選手は多分ほかにいないだろう」

と2人の関係を振り返った。

浅田に掛けたい言葉を問われると、自分が言う立場にないとして言葉を選びながら、

「大変なことがたくさんあったと思う」と述べた。

また浅田真央選手のフリー演技を見て、

「私たちはともに自国で大きな注目を浴びたので、彼女の気持ちが理解できる」

「浅田の涙を見て、私もこみ上げるものがあった。お疲れさまという言葉を伝えたい」

とライバルをねぎらった。

 

一方、浅田真央選手も韓国メディアの取材を受け、

キム・ヨナ選手について、「とてもすばらしい選手だと思う。ジュニア時代から

ずっと同じアジアの選手として多くの人から注目を浴び、そのような点で私も

成長できた部分もあった」、

「辛いことも多かったが、スケート人生のひとつの良い思い出」と述べ笑顔をみせた。

という。

【ネタ元 聯合ニュース2月21日(金)19時22分配信、サーチナ2月21日(金)21時26分配信】

 

国は違えどもトップスケーターとして10代のころから活躍し、

世界で注目されてきた同い年の2人。

自他ともに認める永遠のライバルの闘いが終わった。

お互いアジアの隣国の代表選手ということが、より両国内での

報道を熱いものにしてきた。10年以上もの長い間、お互いに世界のトップ

争いをするライバルで居続けられた二人に拍手である。

今回また2人の精神力の強さに感動した。

兎に角、この2人のことは文章の1行なんかに書けるものではないが、

きっと同じ境遇の2人、いま共通の気持ちがあるだろう。

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ