愛知県岡崎市の中学3年女子生徒が覚せい剤使用保持で逮捕

9月29日、愛知県岡崎市の中学3年生の女子生徒が覚せい剤を使用した疑いで逮捕された。先週体調を崩したため病院へ行った際、覚せい剤の陽性反応が出たため、病院が警察に通報した。女子生徒の家からも母親が覚せい剤を発見したという。

警察で入手経路について調べている。

【ネタ元 CBCテレビ9月29日(木)19時32分

Sponsor Link

中学生が覚せい剤…。女子生徒は以前から不登校の状態だったという。覚せい剤を「シャブ」と言っているらしい。「シャブを使いました。使う目的で持っていました」と容疑を認めているという。(FNNニュース

岡崎市という土地が近いだけに恐ろしい。

名古屋市内の小学校では麻薬の恐ろしさをわかってもらうために警察官が小学生に対して講習をしている。その配付されたプリントを見て、唖然としたことがある。カラー写真で麻薬の種類(脱法ハーブと言われるものまで)が画像として載っており、名前が書いてあった。「こんなもの配ったら余計に興味を持ちそうじゃない?」という主人の一言で、うちではすぐに捨てたが、かえって興味をそそられた子供がいるかもしれないと改めて考えさせられた。

今回逮捕された女の子がどういう経緯で覚せい剤に興味を持ったのかはわからないけれど、愛知県内の中学生が麻薬で逮捕っていうのはショックだわ。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ