私立暁星高校で傷害事件、高1男子生徒が他の生徒をナイフで刺す

10月17日正午すぎ、東京都千代田区の私立暁星高校で、高校1年生の男子生徒が授業中にけんかし、ナイフで同級生の右肩を後ろから刺したと通報があった。刺された生徒は全治1週間のけがをし、止めに入った別の男子生徒も右の鎖骨部分を刺され、男性教諭も左手の人差し指を5針縫うけがをした。
刺した生徒は傷害の容疑で現行犯逮捕された。

逮捕された男子生徒の両親は息子の人間関係での悩みについて学校側に相談していたという。両親ははじめ、担任の教師に相談していたが、中学3年生の終わりごろから、副校長にも相談していたという。

【ネタ元 TBSニュース10月17日23:04

Sponsor Link

千代田区の暁星といえば、小学校、中学校からお受験でも有名な名門といわれる私立学校である。そこで起こった傷害事件だけに驚きが大きかった。ナイフを学校へ持ってくること自体問題ではあるけれど、ナイフを持ち歩くくらい加害生徒の側にも心の傷がかなりあったのかもしれない。

中高一貫教育というのは教育面では6年間を通して計画をたてて授業が行われ、トータルでの学力アップが図られる面で良い面があるけれど、人間関係でつまずいてしまうと、6年間変わらぬ友人と環境はつらいものになると思う。自分のキャラを変えようとしても変えられないからね…私も中高一貫校出身なのでそれはわかる。

しかし、学校で刃物沙汰っていうのは、公立だろうが、私立の名門だろうがあり得ないわ。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ