ダノン社ヨーグルトには遺伝子組み換え作物不使用を表明、GMOの真実!

今年の4月からフランスダノン社は主力のヨーグルト3ブランドを対象に2018年までに遺伝子組み換え作物(GMO)の使用をやめると発表した。これまで砂糖の原料であるテンサイや牛のエサとなるトウモロコシなどにGM作物を使用していたがそれ以外の作物に切り替えるとした。これが米国食品業界に波紋を読んでいる。米国では全食品の8割程度がGM作物を導入しており、GMOに依存する米農業界は、ダノン社の発表は、安全性に対する消費者の不安をあおって売上を伸ばそうというものだと猛反発しているという。

【ネタ元 時事ドットコム2016/10/22-14:58 】

Sponsor Link

遺伝子組み換え食品がアメリカで8割もあるということに驚かされた。日本では、おとうふのパッケージに遺伝子組み換えでない大豆を使用などと書いてあるくらいしか意識していなかったが…。

遺伝子組み換え食品の問題点ってどういうことなんだろう。下記の動画を見て知ってしまった…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

下記動画は要拡散!

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ