やしきたかじんさん大阪市へ寄付2億円、遺族と和解?

2014年1月に死去したタレント、やしきたかじんさんの遺産の一部約2億円が大阪市に寄付されることになった。大阪市はたかじんさんの遺志でJR大阪駅北側の再開発区域「うめきた2期」の緑化事業などに充てることを検討するという。

【ネタ元 毎日新聞11/25(金) 20:07配信

Sponsor Link

大阪を愛したやしきたかじんさんの遺志で2億円が寄付されたというニュースに、正直「美談」なのかと驚いたら、やはり遺族との間でもめていたらしい。共同通信2016/11/25 23:46によると、

「寄付額3億円のうち一部を相続する権利がある」とするたかじんさんの親族と、市の間で訴訟になっていた。

3億円寄付する予定だったところを「遺族側1億円、市側が2億円で和解が成立しそう」ということでこの和解案が11月30日の大阪市議会本会議にかけられるというのだ。

故人が3億円寄付しようとしたものを「親族には相続する権利があるから待て」とは、もはや遺志を曲げてしまっているのではないかと思うけれど。

すんなりとした寄付ではなかったことが判明。やはり百田尚樹氏の「殉愛」は炎上しても仕様がなかったのではと思った次第。

Amazonの「殉愛」カスタマーレビュー

この「殉愛」に反論する形で出版された本、「百田尚樹『殉愛』の真実」のカスタマーレビューはとても高評価である。

※画像をクリックするとアマゾンサイトへ飛びます。

 

<PR>

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ