1歳から3歳児のショッピングカートでの転落、転倒事故の事例

先日、近所のスーパーへ出かけたときのこと、びっくりした光景がある。お父さんとお母さんが6ヶ月~8ヶ月くらいの赤ちゃんをショッピングカートに乗せているのだが、乳児用のカートはないため、大きな子ども(幼児)用カートに赤ちゃんを座らせて移動させている。頭部もまだ柔らかそうな赤ちゃんの頭の後ろには、カートの固いカゴ部分が…。「頭、あたりそうだし、なんで抱っこしないんだろう。危なっかしいな。」と思ったのでよく覚えている。親が注意すれば防げる事故というのもあるのではないだろうか。

12月7日、「スーパーやショッピングモール店内で起きた事故の中でショッピングカートにかかわる事故が約4割を占めていることがわかった」と国民生活センターが発表した。医療機関ネットワークによると2011年度から起こった事故295件の中でショッピングカートで起きた事故は118件あるという。

被害者は1歳から3歳までの幼児が約7割以上を占め、頭部に外傷を負う事故が多いという。中でも親が目を離したすきにショッピングカートの上に立ち上がって転落したり、カートと共に倒れるなど、転落や転倒によるケガの割合が高い。

Sponsor Link

12月7日、国民生活センターの発表資料によると下記のような事例だという。

(1)ショッピングカートから転落

【事例 1】 母親とスーパーに買い物に行き、1mくらいの高さの買い物カートに立って乗っていたところ、 母が目を離した合間に転倒した。右前頭部に打撲痕、皮下出血があって、右上肢の挙上を嫌が り、抱っこをしようと脇の下に手を入れて持ち上げると強く泣くため心配となり救急要請とな った。上腕(肩)部骨折。 (2016 年 8 月発生 11 カ月 男児 中等症)

【事例 2】 ショッピングセンターのカートに乗っていたところ、転落し後頭部を打撲した。すぐに泣き 意識消失もなかった。その後吐き気があり自宅に帰っても吐き気が続くため受診したところ、 頭部CTにて後頭蓋骨の急性硬膜外血腫を認め、救急搬送された。 (2015 年 2 月発生 1 歳 8 カ月 女児 重症)

【事例 3】 スーパー内でショッピングカートからカゴの方に乗り出し、そのままカゴごと転落。前額部 を打った。頭部X線撮影上明らかな骨折は認められなかったため、脳震盪 のうしんとう と診断。 (2013 年 6 月発生 2 歳 7 カ月 男児 軽症)

【事例 4】 駐車場内で子ども用ショッピングカートから転落した。高さは約 1m、下はコンクリート。 すぐに啼 泣 ていきゅう あり、嘔 おう 気 き ・意識障害などはなし。右前額部に 3cmの裂創あり。一部、骨膜が見 えている。 (2012 年 7 月発生 3 歳 8 カ月 女児 軽症)

(2)ショッピングカートごと転倒

【事例 5】 母親と一緒にスーパーで買い物をしていて、一緒にレジ前で会計の順番待ちをしていた。本 人はカートの下段に乗っていた。本人が揺らしたのか、ショッピングカートが転倒し、床へ転 がった。 右手親指にけがをしており、出血していたので、救急車で搬送。受診時、右手第1指は圧挫 されており、開放骨折、爪は剥離していた。手術し、入院。 (2012 年 11 月発生 2 歳 6 カ月 男児 中等症)

【事例 6】 スーパーの店内で、ショッピングカートに上ろうとした際、後ろ向きにカートと一緒に倒れ、 後頭部を打撲し、カートの下敷きになった。持ち手とカートの椅子部分が顔にあたり、鼻出血 もあり。鼻根部腫 脹 しゅちょう あり。 (2012 年 10 月発生 3 歳 7 カ月 男児 軽症)

(3)ショッピングカートに関わる衝突・接触

【事例 7】 ショッピングカートを押して走っていたら壁に激突して頭部を打撲した。意識消失や嘔吐 おうと な し。右眼 瞼 まぶた に皮下組織に達しない 1cm 台の挫創あり、止血。眼球運動制限なし。2 針縫合。 (2015 年 11 月発生 3 歳 6 カ月 男児 軽症)

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20161207_1.pdf

 

ショッピングカートに座らせた際、安全ベルトをしないことも多いけれど、子どもが立つことができるようなら、ベルトは締めた方がいいかもしれない。ちょっと目を離したすきに立ち上がり、落ちるということもある。

また、カートで子どもを遊ばせない、カートの座椅子以外のところへ座らせないなど、注意が必要だと思う。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ