子供服ファミリアの保育園、ファミリアプリスクールを知った。

子供服メーカーファミリア(familiar)が認可外保育園を今年9月に西宮市阪急夙川駅近くに開園した。東京の港区白金台に続き2箇所目。

服のセンスや創造力を磨く「服育」を独自の方針に掲げており、英語やアートなどを学ばせるという。1歳から就学前までの子どもが対象で定員は35名。月額保育料(週5日)は、1~2歳児が22万円、3~5歳児が16万5千円だという。

【ネタ元 神戸新聞NEXT2016/8/26 05:30 】

Sponsor Link

8月の神戸新聞の記事でファミリアが認可外保育園をやっていることを知った。あきらかに富裕層の子どもを対象とした保育園であまりの高額な保育料にびっくりした。こんな保育園もあるんだね。

ファミリアプリスクール

ファミリアは子供服の国内ブランドの中でもとびきりお高いが、コンサバで品質が良く、お受験時には皆が買い求めるという老舗ブランド。皇族のお子様たちが着られることでも有名だ。

服装も自由とか言ってやはり登園時にはファミリアを着せようと思うと、お洋服代だけでも相当かかるなあ…と高級保育園とは無縁の私は下世話なお金のことばかり考えてしまう。

子供服のファミリアはぶれずに何十年も高級路線をひた走ってきた。保育園でもそれを貫き通すらしい。だからきっとまたこの保育園もブランドのように高級保育園として成立していくのかなと思う。

それにしても世の中月22万円の保育料を払える家庭とその金額でひと月やりくりしなければいけない一般家庭とでは、子どもの環境は生まれたときから大きく違っていると実感する話。

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ