生後6ヶ月の赤ちゃんの頭に重傷を負わせた傷害容疑で母親逮捕

1月10日、大阪府警は、住之江区の25歳の母親を、生後6ヶ月だった長女に対する傷害容疑で逮捕した。2016年4月12日夕刻、母親から「子供の顔色が悪い」と119番通報があり、「ベッドから落ちた」と説明するも、赤ちゃんは頭部の複数が骨折し、左脳の半分以上が脳梗塞状態になっていた。警察はなんらかの暴行を頭に加えられたと判断、1歳となっている長女は右半身麻痺で現在も入院しており、完治の見込みはないという。

2015年9月長女の出生直後、母親は「かわいいとは思えない」と児相に相談してきたため、長女を乳児院で半年間保護、2016年3月末に保護が解除されてすぐのことだった。事件当時は夫と2歳の息子と暮らしており、夫は外出中だった。

【ネタ元 産経新聞1/10(火) 21:32配信

Sponsor Link

大事に大事にお腹の中で育ててきた赤ちゃんを出産後暴行してしまうというのは…余程精神的におかしくなっているのだろう。

記事からは母親が赤ちゃんに暴行したのがなぜなのか、どうして子どもが可愛く思えなかったのかわからない。母親は「今は何も言いたくない」と言っているらしい。

こういうニュースは概容を書くだけで悲しい気持ちになる。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ