「アメリカ第一主義」トランプ大統領誕生の日に思う。

1月20日(日本時間1月21日未明)、トランプ大統領が誕生した。日本時間1時半に姿を現すまではネットのライブ中継を見ていたのだがその後寝てしまった。

生でスピーチを聞くことができなかったため、こちらをリンクしておく。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/20/trump_n_14284446.html?utm_hp_ref=japan

Sponsor Link

どうも「偉大なるアメリカを取り戻そう」という主旨のスピーチだったらしい。「アメリカの利益を第一優先として、考えていく、既存のものも考え直していく」と正式に表明した形である。極右大統領の誕生というわけ。ほんと安倍首相と言うことまで似ているわ。

ただし、日本の首相と違うことは、世界における位置と強大な権力である。

人への攻撃が止まらなかったツイートのアカウントが「トランプ大統領」に変更。これからの彼の発言はますます重みを帯びることとなる。HPではTPPの離脱宣言を即日行った。

これから世界はどうなっていくのか。トランプ大統領の美しい家族を見ていると、映画のワンシーンのような気もしたが、現実なんだね。わかりやすい人だけに株の世界では歓迎されているようだけれど…。

アメリカが世界のリーダーとなるのではなく、「アメリカ人のためだけの国」を目指すようになれば、イギリスもフランスも、ロシアも、中国も、日本も…それに対抗してスタンスを変えなくてはならなくなることは必至である。アメリカ合衆国という強大な国が、自国の利益のみを優先して他国と折り合いをつけないようになったら、どの国も折れることがなくなり、世界平和とは真逆の方向へ向かってしまうような気がしてならない。

権力のもとに平和を愛する多くの人々までが巻き込まれ、第3次世界大戦などという「うず」に巻き込まれはしないかと不安である。

「やられたらやり返す」愛のない世界が来ないように願っている。

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ