「保育園落ちた」「保育園に入りたい」2017年保活の現状

今月に入って、2017年4月からの認可保育園の選考結果通知があり、落選ラッシュで悲痛な声が今年もSNSに怒りとなってあげられているという。

【ネタ元 毎日新聞2/5(日) 20:22配信

「就活」ならぬ「保活」がどれだけ大変かは下記のNHKの取材でわかる。すべて点数制で、「保育園に子どもを預けなければいけない緊急性」に対しての点数の合計で争われるらしい。週5回勤務は20点だが、週3回勤務なら12点とか。ひとり親ならプラス10点とか…。点数を稼ぐために早めに育児休暇を切り上げて認可外保育園に預けて働く女性まで…首都圏の保活は相当なものだと驚かされた。

http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2016/10/1006.html

 

ツイッターにはこんな意見が並ぶ。

 

 

 

 

 

確かに女性になんでも押し付けすぎだよね。育児休業後の保活はほとんど女性がしている。もしこれが、ひとり親の場合を除いては絶対に男性が保活担当するっていう規則だったとしたらどうだろう。きっともっと早く保育園が建って待機児童問題が解決するのではなかろうかと私も思う。

一億総活躍社会には程遠いわ。

 

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ