栃木県那須塩原市生後2週間の赤ちゃんの首を絞めた母親

2月7日、栃木県那須塩原市の実家の寝室で33歳の母親が生後2週間の長女を殺害したとして逮捕された。

救急車で搬送中に赤ちゃんの首にひものような跡があることに気づいた救急隊員が母親に事情を聞くと、ミルクを与えようとしても泣きやまなかったため電気コードを首に巻き付けたという。母親は1月23日に出産して実家に戻っていたが、長女がミルクを少ししかのまず、泣きやまないことに悩んでいたという。

【ネタ元 産経新聞2/7(火) 19:30 】

Sponsor Link

確かに出産後、2ヶ月くらいは2時間ごとの授乳で辛かったのを覚えている。男性は知らないと思うが、赤ちゃんがまとまって寝てくれるようになるまでがとてもつらい。夜中、特に真冬は布団から出るのもつらいもの。でもだからといって折角頑張って出産した我が子を殺害してしまうのはおかしいと思うけれど。

まだ出産から2週間しか経っていない実家でパニックになってしまったのは余程のことであろう。孤立感があったのかな。記事だけでは読み取れない葛藤が本人にはあると思う。

もう少し我慢すればたくさん楽しいことがあるんだよ。泣きやまない子どもにイラッとして揺さぶったり、手をかけようとする前に一旦深呼吸して~。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ