森友学園疑惑で小池晃議員、自民党議員事務所面談記録の爆弾投下

森友学園国有地払い下げについての問題では、共産党がとてもいい働きをしていると思っているが、なんとまた、3月1日、新しい爆弾が参議院予算委員会で投下された。

小池晃議員が、ある自民党国会議員事務所の面談記録を手に入れたというのだ。
そこには資金繰りに苦しむ森友学園籠池理事長が、最初に小学校を建てようとしたところから、籠池理事長の思惑通りにことが進んでいく過程がメモとして残っており、国有地の格安払い下げには官だけでは動けぬから、政治的圧力をかけてほしいという願いや、15億を8億にしろなど具体的な要望などが示されており、生々しい記録なのである。
以下リテラに詳細がある。

この記録は2013年8月5日からはじまるといい、小池議員は面談記録の一部を読み上げた。それは驚愕の内容だ。
「8月5日、籠池泰典氏が来訪。塚本幼稚園が小学校設立希望の件。豊中市の国有地借地を希望。近畿財務局より『学校の場合は購入のみ』と回答あり。『ついては8年間の借地にてその後購入とできないか』」
「9月13日。籠池氏から相談あり。『9月12日、大阪府庁に近畿財務局の国有財産管理官が来て、小学校設立認可のお墨付きが必要と。大阪府は土地貸借の決定が必要と。鶏と卵の話。なんとかしてや』」
「その日の午後、近畿財務局からの回答。『ある意味、鶏・卵の話ですが、前向きにやっていきますから』」
しかも、10月12日にはこの国会議員事務所に籠池夫妻が来訪したといい、その日の記録にはこう書かれていたという。
「小学校用地の件。近畿財務局と大阪航空局職員数名とともに現地視察。その際、事務方の判断できることではないというニュアンスを感じたので、上から政治力で早く結論が得られるようにお願いしたい。土地価格の評価額を低くしてもらいたい」
「(2014年1月31日)小学校用地の件。近畿財務局と前向きに交渉中。賃料および購入額で予算オーバー。賃料年間3500万円を2500万円に、売却予定額15億を7〜8億円に、が希望」
「(2015年1月9日)国有財産貸借の件。本日、財務省担当者より土地評価額10億、10年間の定期借地として賃料年4%、約4000万円の提示あり。高すぎる。2〜2.3%を想定。なんとか働きかけしてほしい」
http://lite-ra.com/2017/03/post-2955.html

 

Sponsor Link

と、最初に小学校ありきという話で話がはじまり、その後愛国小学校のために国有地を格安で、さらに希望通りの分割で手に入れたその過程の克明な記録があったようなのだ。

これは、もうこの自民党議員事務所の議員(上記リテラ記事には麻生財務相の側近だと名前が出ていた)と籠池理事長、迫田前理財局長(現国税庁長官)の3人を国会へ参考人招致するしかないのでは?

財務省側の記録は抹消し、国会内に塚本小学校の運動会の宣誓をパネルにしたものを持ち込むのもダメ、NHKの国会中継もだめ、当事者の参考人招致は受け付けない…これのどこが隠ぺいではないというのだろう。

国民の財産である国有地は「不当な価格で売ってはならない」という法律があるにもかかわらず、「正当な手続きを踏んでいる、不当ではない」という言葉だけで、実際にはただ同然でおかしな愛国幼稚園を経営する「日本会議」のメンバーに譲り渡すなど、まるで私有地のような取扱で特別なはからいをしていることがみえみえなのにこれでいいのかってことである。

今日も国会から目が離せない。

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ