森友学園問題、闇が深そう。参考人招致はしない?

叩けばほこりが出るわ出るわという森友学園問題。どうも大阪府に出していた書類の小学校建設金額と国へ提出していた金額に大きな隔たりがあり、私学審議会に提出した教員予定名簿に無断で名前を使用したことが発覚したり、籠池理事長ご自身の経歴も大阪府に提出したものと現実が相違していたということである。

今日、3月9日の午後大阪府が瑞穂の國記念小學院に視察に入る予定であるという。これで認可がおりないということになるのだろうとは予想するけれど、それで森友学園問題が幕引きなんて意味がない。

一時的にこそ小学校の冠に「安倍晋三記念小学院」という名前がつき、「安倍昭恵夫人が名誉校長」である案件となれば、大阪府も財務省も気をつかって優遇したのだろうか。安倍首相は、何のかかわりもないのに自分の名前を使われたのであれば、もっと怒るべきだろう。

森友学園と国との間で行われた「適正」な取引が、本当に「適正」であったかどうかは皆が疑問に思っている。「どうして森友学園に対してのみこのような優遇と思える(としか思えない)措置が取られたのか」このことに対して、各々の立場の人が説明すべきだと思うけれど、あまりにも多くの人が関わりすぎており、すべての人が表に出ることを拒む案件である故、どう決着がつくのかと思う。

Sponsor Link

「まったく籠池さんなんて面識もないし、知らないし、教育者としてもいかがなものかと思う」と政治家から切り捨てられる籠池氏は、ここまで表沙汰になってしまったのだから、言いたいことを言ってしまった方がいいんじゃないだろうか?

だから、何をいうかわからないから籠池氏の「参考人招致」はしない。検察も動かない、テレビは一部しかいまだにこの問題については芸能ニュース以下の抑え気味の報道、第2の森友学園問題ともいえる加計学園問題についてはタブーのようで、全く触れられていない。

こわくなってきた↓

http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/878.html

 

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ