100万円の寄付についての物証に反論する保守系の人たち

安倍首相から森友学園に100万円寄付があったという話について、反論とも脅しともとれる意見が出ていた。

森友学園の「寄付」は籠池理事長の自作自演 — 池田 信夫 2017年03月18日 10:40

Sponsor Link

こんなことを国会で言うと偽証罪に問われると書いている。本当にそうだろうか。私はあのツイキャスでのインタビューを聴いた限りにおいて、あの振込み票は2015年9月5日、確かに100万円が森友学園側に入ったという物証だと思う。
「長女が「安倍晋三」名義で偽装入金しようとしたが郵便局が受け付けなかった」というこの人の文章には悪意しか感じられない。

実際は、安倍と書いた上に匿名とし、それでも左右の紙が違うといけないと言われた実際に郵便局に行った職員が職員室からの指示で、結局森友学園として振り込んだというちなみさんの話は具体的で辻褄が合うと思った。

「『安倍晋三』名義で入金しようとした」と書けばいいものを「偽装入金しようとした」なんて言葉を選んで書くこと自体、悪意が感じられる。長女への侮辱ではないかと思うけど。

物証が出てきたのでそれだけ必死ということだろうか。寄付金については別口座になっているはずであるから、森友学園が自分の口座に入金するのではなく、振込みしているのは当たり前のことだと思う。

ネットでもこうした保守派の反論を見るようになった。さらに国会は安倍首相を擁護しようとする者たちでいっぱいである。籠池理事長が一人立ち向かおうとしている元のお仲間たちは冷たく籠池氏を切り離そうとすると思う。

偽証罪に問うために参考人招致ではなく、証人喚問という形にしているというなら、独裁主義国家でテポドンを打ち込んでくるお隣の国となんら変わりないと思う。

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ