東京女子医大抗てんかん薬処方ミスで死亡した女性の人権

3月30日、東京女子医大病院で脳腫瘍の女性に対して抗てんかん薬を既定の量の16倍も与えられたことで、女性が死亡したとが訴訟になっているというニュースが恐ろしい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000126-mai-soci

 

訴訟になり、初めて知るこういう事件というのは世の中にたくさんあるのだろうと思う。脳腫瘍の手術の前に与えられた抗てんかん薬は薬剤師の疑問も受けつけられず、与えられ続け、患者さんは皮膚が壊死しはがれて苦しみのなかで死亡したという話に、あまりにも医師が患者をみていないと思った。医療ミスであるとともに人権問題であると思う。

 

訴訟になったからわかった話で、こんなひどい死に方をしてもニュースにならないのが病院であり、世の中にはこの手の話がきっとたくさんあるのだろう。

Sponsor Link

また3月31日、アキエリークスに動画が追加されて動きがあった様子。(1)となっているから続くみたい。

アキエリークス証言シリーズ(1) 〜 安倍昭恵総理夫人がお付きの人を人払いしたのは本当なのか?〜

 

塚本幼稚園は新体制になり理事長の娘さんが園長となり、偏った教育から脱皮する宣言をしたよう。

http://www.tukamotoyouchien.ed.jp/wp-content/uploads/07216f9fab6acf7d288005900360f996.pdf
最初はほめたたえていた教育も一度森友学園の教育勅語などの教育がおかしいと世間から叩かれるようになったら一斉に手のひらを返すように森友学園攻撃にまわった日本会議という組織の人たち。この宣言を見て内心どう思っているのだろうか。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ