名古屋市千種区交差点で交通事故、自転車はねられ、母子重体

5月9日午後6時頃、名古屋市千種区東山通2丁目の交差点で、子供2人を乗せた自転車の女性が軽乗用車にはねられた。7歳の小学生の娘は軽傷、母親(37)と生後10か月の男の子が重傷。

車を運転していた43歳の女性が現行犯逮捕された。

【ネタ元 毎日新聞5/9(火) 22:44配信

Sponsor Link

子供を自転車にのせた状態ではねられてしまったということ。詳しい状況は記事にかかれてないものの、交通事故の恐ろしさを感じる。東山公園の前を通るかなり広い道幅(片側3車線)の広小路通りから一方通行の道路へ左折しようとした車と自転車が接触したのかと思うのだが…。

生後10か月なら前かごに座らせて、後ろにお姉ちゃんだったのかと想像。前と後ろに子どもを乗せて私もよく自転車に乗っていたけれど、今思えば、事故と隣り合わせだったなと思う。

交通事故にあわなくても、自分で倒れたことが何回もあったし、子どもが無事だっただけよかったけど、取り返しのつかないことになりかねなかったと今は思う。でも幼稚園の送り迎えとか、買い物とかその時はどうしようもなかった。交通事故にあうかもしれないから自転車に乗らないとか言ってられないもんね。

しかし交通事故のこわいところは、普通の日常を過ごしている人たちがあっというまに被害者になったりあっという間に加害者になったりしてしまうこと。普段の生活があっという間に壊される。幸せな日常が壊される悲劇が交通事故。

ゴールデンウィークには笑っていたのに、その2日後に誰が交通事故ではねられると思うだろうか。
ゴールデンウィークには笑っていたのにその2日後に誰が人をはねてしまって逮捕されると思うだろうか。

誰でも可能性のあることだけに、他人事ではない。

「気をつける」といっても相手のあることだから、みんなが「無茶をしないようにする」しか防ぎようがない。

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ