御用の読売新聞世論調査?共謀罪は上西議員が創価学会員にモノ申す!

5月15日、朝起きたら読売新聞がこんな結果を出していた。5月12日から14日に、全国世論調査を実施して、回答を集めたところ、

改憲、「9条に自衛隊」賛成53%…読売調査

というのである。誰が御用の「読売新聞」の調査結果を信じるかい!!と思う。2020年に改憲したいと高らかに宣言していた安倍首相が、国会では何も語らず、「読売新聞を読め」と言った。安倍首相自らが御用と認めた読売新聞。首相は読売新聞を指名して自分の意見を書かせたのだろう。

読売新聞側は安倍首相の意見を後押しする新聞ということだ。なら、こんな全国世論調査なんて何の意味もないと思う。

2020年憲法改正で目くらましして、直近の5月18日にまた強行採決しようとしている「テロ等準備罪」は名前でごまかしているだけで実際は「共謀罪」。共謀罪についてはいったいどうなった??

「読売新聞よ、そっちの方の世論調査をしろ」と言いたい。

そして自民と一緒になって採決に加担している公明党に対して、

Sponsor Link

上西小百合さんがいいこと言っている。

 

ほんと、公明党がなんで
庶民の側にたたないで、「戦争法」とか「共謀罪」とか権力の側に立って賛成しているのかがわからない。宗教を母体としているとは思えない。ただ、与党という政権の側に居たいだけではないか。

上西議員、よく言ったとこの意見に賛成!!

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ