安倍首相「印象操作」を2017年流行語大賞にしてあげよう。

本当に情報がせめぎあっている。昨日の「報道特集」で前川氏は重要なことを証言していた。

今の霞が関には容易に発言できない空気が流れているという。それは3年前に発足した内閣人事局の存在である。結局菅さんがあれこれやってるってことでしょ。

「内閣人事局といっても結局これは官邸なんですね。内閣人事局長は今は萩生田官房副長官ですけれども、実際の最高権力というのは官房長官が握っておられると思うんですが、幹部人事でも或いは閣議にかけなければならない審議会の人事なんかありますね。そういったもので、官邸の了解をもらわないと行えない人事があるわけです。
ご相談に行った結果として『差し替えろ』と言われるようなことはままありました。」

「はあ…そうですか。具体的なケースはあるんですね。」

「『あの人物をちゃんと処遇しろ』とかですね、逆に『あの人物は外せ』とかですね、それから官邸了解事項ではないようなタイプの審議会の委員の人事も『ああいう人物ははずせ』とかですね、そういうことはありましたね。」

「何のためにこういう風になってきてんだって思われますか?」

「政治的な意向が通りやすい人事をするってことなのではないのかと思うんですけどね、各省の大臣も官邸になかなかものが言えないし、それから与党の先生方もおかしいと思ってもその声が出せないようなそういう関係ができちゃっているんじゃないかっていう気がします。」

インタビューの最後で前川氏は…
「我々、志をもって国家公務員になっているわけで、世の中のために仕事をしたいと思ってみんな役所に入ってくるんですよね、普通。全体の奉仕者として、公僕として仕事がしたいと思っているんですが、当初と最近は一部の権力者の下僕になるということを強いられるってことがあるような気がするんですよね。」

 

前川前文部事務次官の加計学園問題証言に対して、内閣のやったことの卑劣さが週刊文春で明らかになった。
菅さんにとってはガールズバーに通うということは読売新聞に流したような「関係性」しか考えられないのかもしれないけれど、前川氏が会っていた女性の証言で前川さんはやはり清廉潔白な人であった。前川さんの窮地を家族からの連絡で知り、(前川氏と会っていることは家族も公認だった)証言したという。

田中良紹氏の記事を読むとよくわかる。

https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakayoshitsugu/20170602-00071620/

Sponsor Link

「印象操作」首相が連呼 野党「どこで覚えたのか」 朝日新聞2017年6月3日05時02分

↓これはすごい記事!今日読んだ中では一番の記事だった。是非拡散!と思う次第。

安倍首相、質問に「印象操作」で反論16回 まさのあつこ氏 2017年6/2(金) 7:11

結局かなり分が悪くなり、事実を答えたくないときに、相手に対して「印象操作」という言葉を放ち、攻撃することで回答せずに話をそらすということに終始している安倍首相。

安倍首相は追いつめられているときこそ「印象操作」という言葉を使っていることがよくわかる。

国民は真実について知りたいわけで、野党に対して「印象操作だ」と言うだけで何も答えない安倍首相やその取り巻きにはいい加減うんざりしている。

だいたい前川前文部科学省事務次官に対して、相手の品格を貶めるように「印象操作」したのはどこのどなたでしょうか。「ガールズバーなら…」と自分たちのゲスな感性でものを言っちゃ困ると思う。前川氏とは品格が違う。

森友学園問題からはじまって、安倍首相は結局何も回答しないままである。昭恵夫人の証人喚問もしなければ、財務省の文書は、昨日PCの更新ですべてのデータを本当に消してしまったという。なぜ国有地がただ同然で譲られたかもはっきりしないまま。小学校がダメになったからいいだろうという話ではない。安倍首相や昭恵夫人が全く関係がないのであれば、それほど隠すこともなかろうに。なんで隠す?

「隠ぺい工作」が必要なのはまずいことがあるからに違いない。

自分たちの都合の悪いことは国会でしゃべられたら困るからといって証人も認めないという与党の在り方も問題。国会は誰のためのもの?国民にわかりやすく討論する場のはず。私たちは完全に馬鹿にされている。

NHKは共謀罪について採決するときの国会中継をしないし、前川前事務次官の取材もしたはずだけれど報じなかったと報道特集で言っていた。なぜか?NHKのことをネット民は「犬HK]と言っている。御用だということ。NHKとか読売新聞とか政権に対する報道に偏りがあるのは事実。さらにテレビ報道を視聴者の代表??として意見する「視聴者の会」はほぼ安倍サポーターである。

報道圧力団体「視聴者の会」賛同者はやっぱり安倍応援団と日本会議だらけだった! 憲法改正のための報道統制が狙い 

リテラ2016.02.20

さらに、くだらないことまで「閣議決定」するのは安倍政権こそが「印象操作」だけを重視しているということだろう。

こうして国民に対して「印象操作」をしてきたのは安倍内閣そのものだと思う。

今年、2017年の流行語大賞は「印象操作」に決定だね。安倍首相にトロフィーをあげよう。

もちろん、「印象操作」と野党に繰り返し発言したこともだけど、メディアを使って国民へ「印象操作」をしているのは安倍政権だからである。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ