森友学園問題のまとめと佐川理財局長が出世するといううわさ。

森友学園には安倍首相がスピーチ終わりで夜に検察が入った。普通は夜ではなく朝からと決まっているそうだ。それなのに、とかげのしっぽを切ってやったという見せしめなのか、安倍首相にたてついたらこうなるとでも言いたいのか。もっと大きな問題である加計学園問題から目をそらせるための策ではないか。

森友学園が問題となったのは国有地が8億円も値引きされたこと。森友学園の目指す教育が戦前の日本回帰という右寄り思想だったこと、その教育を応援していた安倍首相や安倍首相夫人のこと。

安倍首相夫人は籠池理事長夫妻と懇意にしており、自らも小学校の名誉校長になっていた。安倍首相夫人が動いたことで官僚たちは総理案件ととらえたのか(忖度)それとも、もしかしたら本当は安倍首相夫人からの申し入れがあったのかはわからない。籠池理事長のいうところの「神風」が吹いて、土地が安く手に入った。籠池理事長はたしかに政治家に陳情したり相談したりはしたけれども、賄賂を渡したわけでもなく、子供たちに対する「日本会議」(いまの国会議員の多くがこの団体だというから恐ろしいが)的な偏った教育以外に悪いことはしていなかったと思う。

国会では、国有地がどうして森友学園に限り、安くなったのか、他の候補者を蹴ってまで森友学園の小学校設置に便宜が図られたのはなぜかが追及された。そこには安倍晋三首相の影や安倍昭恵夫人の口利きがあったのではないかと。安倍首相が「私や妻や事務所がこの件に関与していたら首相も国会議員も辞める」と言ったからである。

国有地が安くなったからくりを知られてはならじと与党は最初、野党からの「籠池理事長参考人招致要請」を受け付けなかった。それを証人喚問するとして脅すように国会へ呼びつけたのは、籠池理事長が、「この小学校の寄付金には安倍首相からの100万円が入っている」「安倍首相夫人に『安倍晋三からです』と100万円もらった」と言った時。「首相への侮辱だ」と言った与党。

便宜を図った行政側の財務省や大阪府教育審議会は知らぬ存ぜぬを通した。裏で行っていたことが白日の元にさらされるとまずいとひたすら黒塗りの資料、中身のない答弁を国会では繰り返し、安倍首相夫人の強い関与が疑われたにもかかわらず、「首相夫人は『私人である』」と閣議決定し、行政が動いた謎、政治の側の闇が明かされることはなかった。結局、悪いのは国有地を安く手に入れた森友学園だとして、国有地は取り上げられ、大阪府から小学校の認可もとりあげられ、工事も中断、借金が残った形になり、さらに補助金申請で工事会社の言うなりになった籠池理事長が収監されるかもしれないという事態となった。

森友学園問題は、国有地が安くなったことだけが問題として取り上げられるけれども、森友学園の教育自体を応援していた首相と首相夫人こそ問題であることは隠されている。右寄りの教育を推していることが発覚するとまずいと思ったのかそれでとかげのしっぽを切るように切り捨てられた籠池理事長は、被害者であると思う。

そしてこんなニュース、なんと、国会で「お答え申し上げます」から始まって、まったく内容は中身がなく、真実が明らかにならなかった、安倍首相側とすれば、鉄壁のゴールキーパーの悪名高き財務省佐川理財局長は、この夏、「国税庁長官」に出世するという。

こうやって、安倍首相を擁護する人たちだけを周りにつけて、安倍一強はますます強くなっていく。

いま問題となっている加計学園問題は本当の安倍疑獄であり、規模も金額も森友の比ではない。森友学園に捜査に入る検察は、加計学園にも入ってしかるべきではないかと思う。

Sponsor Link

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ