安倍政権にうんざり。保身だけを繰り返す安倍内閣はおかしいと思う。

連日のように安倍内閣が逃げたり、失言したりするので、もういい加減うんざりしている。だいたい、このブログが、子供の事件や事故を主に書いていたのに、ここのところ政治の話題しかなくなっているのは、いま、政治に一番物申したいからだ。

このままでは子どもたちの時代に戦争に突入してしまいかねない瀬戸際にいると思っているからである。

だいたい森友学園問題から始まって、安倍首相は、「私や妻や事務所が関与していたら首相も議員も辞めます」と言ってから、全くといっていいいほど、ご自分の責任を認めようとされない。「森友学園籠池理事長のことは会ったことがない」と言ってみたり、夫人が100万円を寄付していても、(国民はほとんど、安倍首相夫人が隠れて、記者会見も反論もしないため、本当に首相からの100万円を森友学園に寄付として渡している=森友学園の右寄りの教育に賛同していたと思っている)責任をとらない。

野党に追及されると、「印象操作」であると言い出す。森友学園問題はうやむやになり、「忖度」という言葉だけがまるでいいことのように使われ、安倍内閣の中枢は解体しない。

稲田防衛相は、森友学園の顧問弁護士であったり、夫の事務所での陳情が行われていたのにもかかわらず、「籠池氏とは面識がない」と平気で国会でうそをついた。

Sponsor Link

さらに、加計学園問題では、 前文部科学省事務次官の証言を否定したいがために読売新聞に官邸リークで妙な記事を載せさせ、相手の人格をおとしめることで証言の信ぴょう性を揺るがそうとしたが、失敗した。あまりに前川喜平氏が高潔な人だったから。

菅官房長官は「怪文書」だと言ったのに、実際に文科省を調べると、その「怪文書」が出てきた。「怪文書」と言った責任を問われても知らない顔をする。

「加計ありき」にむかって文言を書き加えたと思われる萩生田副官房長官らは表に出て来なくなった。

不必要な「テロ等準備罪」という名前の共謀罪を通したいために、ぐだぐだの金田法務大臣でも擁護。数の力だけでどうしても法案を通したかったが、加計学園問題を追及されたくないということで、委員会を吹っ飛ばし、会期延長もしたくないから「中間報告」という異例の形で共謀罪を採決までもっていった。

加計学園問題で文書が「加計ありき」ということを示していても、菅官房長官は第三者による調査はしないと言い、いらいらと人を小馬鹿にした態度で会見する。

安倍内閣は国会議員4分の1以上の議員が求めているにもかかわらず、臨時国会を開かない。

さらに、安倍首相は、「加計ありき」であったことがわかるとまずいと思ったのか急に獣医学部の「全国展開を」という発言を突然した。誰にも相談なく自分の悪事の発覚だけを隠そうとそんなことを言うなんて、王様もここに極まれりである。

稲田防衛相は選挙演説で、「自衛隊」を選挙に使おうとしたと思える発言があり、あわてて撤回した。日報問題からずっとこの人の大臣としての資質が問われ続けるも、辞職しないでいるのはなぜなんだろう。

もう安倍内閣の保身について書くと枚挙にいとまがない。日本だから許されているんじゃない?韓国なら国を揺るがすデモが絶対に起きるレベルである。

安倍内閣に言いたいのは、「誰のために政治をしているんですか?」「悪いことをしていないのなら、堂々と国民のためになぜ説明しないんですか?」「なぜ臨時国会を召集しないんですか?」ということ。

結局、「国民はすぐに忘れるだろう」とバカにしているのだろう。それでも自分が首相に居る間にどうしても「憲法の改正」をしてしまいたいというのが本音。改憲の発議までは、首相に居座るつもりなのだろう。

野党が要求する臨時国会には取り合わないくせに、秋には臨時国会を召集して「憲法改正法案を提出」なんてあきれてものが言えない。

本当にいろいろと腹が立つ。

何をやっても逃げていて、責任をとらず、辞職しない内閣、おかしいわ。

保身だけを毎日繰り返して、国民をバカにしている安倍内閣の姿はあまりにもひどすぎると思う。

昨日激しく同意した記事がこちら。要拡散!

政府がされたくない質問を考えてみた。皆さんも、どうぞ御一緒に・・(お役立ち情報の杜(もり))
http://www.asyura2.com/17/senkyo228/msg/196.html
安倍政権が絶対にされたくない質問を集めてみました。あなたが訊きたいのはどれ?(お役立ち情報の杜(もり))
http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/425.html

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ