7月10日森ゆうこ議員の追及。平成27年4月2日安倍首相動静が…

昨日の晩見た動画。7月10日閉会中審査の自由党森ゆう子議員の追及がとてもわかりやすかったので掲載。
森ゆうこ議員は、今治市が情報公開して開示した加計学園問題についての行政文書7800枚を入手しており、その中から証拠を見つけた様子。

平成27年4月2日15時から16時30分 午後今治市の課長と課長補佐が総理大臣官邸を訪れていることが今治市の行政文書に記載されている。
内容は「獣医学部の設置について」とはっきり明記。しかし、会った相手については黒塗りにされているため誰と会ったのかはわからない。
これは国家戦略特区として獣医学部の提案を今治市がする2か月も前のこと。

平成27年4月2日官邸で誰と会ったのか?
菅官房長官「それは今治市に聞かれたらいかがでしょう。」
「官邸で誰が誰と会ったかの面会記録は一日に300人から400人が訪れるため、遅滞なく廃棄するのでありません。」

森ゆうこ議員が首相動静をみると、平成27年4月2日15時から下村博文氏(加計学園から200万円をもらっていた疑惑あり)と会うと書かれているという。

ピンポイントで話が合うのでは?
というような話である。質問をしても相変わらず安倍首相側は、「知らぬ、存ぜぬ」の一点張りで進展なし。

 

なぜ、記録がない?今治市は7800枚も持っているのに、内閣府は一枚も加計学園についての資料を持っていないと言い張り、さらに官邸は、いつ誰が官邸に何をしに来たかについて記録すらない。そんなことあるかなあ?すごい危機管理。
普通の会社だって社長の面会記録は2.3年は残っているのでは?秘書のノートがあるでしょう。

「ありません」=「出せません」なのかなと思うけど。なぜなら、最初から「加計ありき」で進めていたことがバレてしまうから。
やましいことがなければ、文科省のように文書は開示できると思うのだが。
森友学園問題から始まって、ずーっと財務省や内閣府側や官邸側から文書がまったく開示されないことに「こんな人たち」は怒っているのであります。

Sponsor Link

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ