7月25日閉会中審査、安倍首相、蓮舫氏の前にしどろもどろ。

7月25日閉会中審査。今日は野党が頑張っていたと思う。安倍首相は24日に「1月20日になるまで加計学園が獣医学部を今治に作ると知ったのは1月20日である。」と言ったことから窮地に陥り、蓮舫氏の質問の前にしどろもどろになっていた。

蓮舫氏はいつもはキャンキャンと相手にくってかかるようなイメージであったが、昨日の質疑では冷静で余裕があり、見事に総理を論破したところはなかなかの存在感であり、民進党党首としていい仕事をしていたと思う。

総理の矛盾した答弁は明らか。明らかに嘘であるとわかるようなことを「言いとおす」ところは全く変わっておらず、加計学園に対する国民の疑念は晴れなかった。「加計学園問題、これで終わりじゃないでしょうね。臨時国会開きますよね。いつ開くんですか」

と迫った蓮舫氏に拍手。これで終わりではい、「内閣改造」なんて誰も求めていない。

森友学園問題、加計学園問題、安倍夫人の問題、下村大臣の収賄疑惑、稲田大臣の日報問題、すべてが疑惑で固められており、本来であればこの中の問題のたった一つでも言の葉にのぼれば、内閣は終焉をむかえるべきであるのに、すべてを無視して長々と政権に居座り続ける安倍内閣。いったいなぜ??悲願の憲法改正のため?

Sponsor Link

昭恵夫人も隠し、加計理事長も隠し、あるべき記録は破棄、都合のいい話しかみな記憶がない。本当に「会ってない」「言っていない」場合は「会ってない」「言っていない」と端的にいうけれど、「会った」と思われる節には「記憶をたどる限り会っていない」とか「加計学園の申請を知ったのは」とかゴニョゴニョとした文言が前につくか「記憶にない」と言うことが判明。

何一つ新しいことは出なかったが、この閉会中審査で安倍首相や政府側答弁の矛盾が明らかになったことは意義があったと思う。

加計学園問題では霧は晴れるどころかますます深くなり、総理自らの「加計学園の今治市への獣医学部新設を1月20日まで知らなかった」という発言でますます国民の疑念を深めることとなった。

おおよそ、「加計ありき」だったことを国民はわかっているのに、シラをきりとおす安倍政権、疑念を晴らすことができなかったのだから、何もなかったことのようにならないよね。

まさか「加計学園問題には私は関与していません。1月20日まで知らなかった」ということをお得意の閣議決定するなんてことないよね?

    

コメントを残す

提供リンクお得情報

薬事承認取得の医療脱毛、施術者も医療免許取得者のレジーナクリニック無料カウンセリング
妊娠前・妊活、妊娠中は安心第一、天然素材100%の無添加葉酸がおススメ
調乳って手間!ママが時短できて安心な赤ちゃん専用ウォーターサーバーがあれば
我が子が小さいとお悩みの親御さんへお子様の成長をサポートするサプリモニター募集中

サブコンテンツ

このページの先頭へ