生後9か月の赤ちゃんを床に投げ落とした母親へのコメントが大盛り

7月27日、大阪地裁で、生後9か月の次女を床に投げ落として死亡させた母親の裁判が行われた。
キーワードは「育児によるストレス」、「夫との不仲」「経済的に苦しい」「ワンオペ状態」(夫から育児を押し付けられてストレスが日常的にある)
である。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000023-mbsnewsv-l27

この事件に寄せられたYahooニュースのコメント欄が印象的だったので紹介。

これだけみんながコメントを寄せるニュースも珍しく、目立った。同じような境遇でがんばっているママたちの心に響く事件だったということもあるかもしれない。SNSではハッピーに見えているママの日常でも闇がある…

Sponsor Link

Aさん
私も似たような境遇でストレス溜めて精神的におかしくなった事あるから気持ちはわかる。けど、子供を殺そうなんて微塵たりとも思わなかったよ。夫と別れて母子家庭でやったら精神的に違ってたのかもしれないね…。本当に残念で悲しいニュースだ。 
Bさん
うちも子供2人いて、生活に余裕があるわけでもなくカツカツなときもよくある。
旦那もほとんど家にいないので俗にいうワンオペ育児。
同じく旦那とあまり仲が良いとは言えない関係になってしまったけどそれでも自分たちが子供を作り、産む選択をしたのだから子供たちをしっかりと養育する責任は果たさないと。
私も毎日ギリギリのところで踏ん張って育児しています。そういうお母さんも多い。それでも子供の成長が生き甲斐、母ってそういうもんなんですよね…
Cさん
うちにも同じくらいの(10ヶ月の)乳児がいます。
ちっちゃくて可愛くて可愛くてたまりません。
目離せないし、家事もはかどらないし、部屋片付けてもキリないし、最近まで夜泣きあったから睡眠不足だし、、
3回出産してるから産後のメンタル不安定なるのもわかる。
でもでも、この顔見てたら癒されますよ。
子供、特に乳児に手を出す神経が私には分からない。。
こんなちっちゃな体に(泣) 
Dさん
私も子供産まれてすぐ旦那と不仲になり、金銭的にも余裕なく周りに相談相手も居なく、更に手のかかる赤ちゃんで本当に精神的に辛い時期あったけど、やっぱり癒しになるのも我が子でした。
Eさん
どこも大変な時期ありますよ。うちだって、今は仲良くて離婚もしなかったけど子供が小さいうちは、金銭的にも余裕なくて夫は朝早く仕事に出かけ、夜遅くに帰ってきてました。なので、母子家庭みたいでした。でも、子供を守ろうと思っても、投げたり叩いたりしようと思ったことないですね。鬼だ、鬼 
Fさん
私のうちも小さい時夫婦仲が悪くって取っ組み合いのケンカしていた。弟は障子の影で泣いていて私がいつもケンカを止めるのに必死だった。
未だに大きな声や音、乱暴な人が苦手です。
小さい時に受けた心の傷は一生の傷です。小さい子は何の選択肢もないんです。
逃げることもできない。虐待を受けっぱなしになってしまうんです。
お母さん、自分が虐待してしまうと思った時は
役所でも児童相談所でも相談できればよかった。

周りに伝える事は恥ずかしい事ではないんです。
子育てにはストレスはつきもの。
1人で頑張ろうとすればストレスからぬけられなくなる。

だから、まわりの力を借りるの。
1人では無理よ。
人付き合いも苦手な人もいる。

だったら子供のかかりつけの小児科の先生や
保健婦さんだっている。

子供の命を脅かすような虐待はやめてください。
それでも子供はお母さんが大好きなんですよ。

Gさん
育児・子育てに関しての 相談駆け込み寺的なもの 助け合える
ママ友  良好な夫婦関係が どれか一つでもあれば
ここまで 精神的に追い詰められることもなく 親に殺されることも
なかったことだろうに。

せめて 天国で 健やかに 過ごせますように  合掌。 

Hさん
SNSに子供との写真とか載せてる人って、子供が好きなんじゃなくて、子供の世話頑張ってる自分が好きって人が多い気がする。
当然闇の部分は見せず、良いところしかしか載せないから、実際の子育てはひどかったりしても、よく「そんな風には見えなかった」というコメントが寄せられたりするんだよね。
Ìさん
どんなことがあっても命を奪うのはダメでしょう!
私も小さな子供が二人います
よく、ストレスを感じてしまうこともあります、、、。
でも、こんな子供でもかわいいんです!
ストレスを吹き飛ばすくらい笑わせてくれるんです!!

自分の子供でも命を奪ったら
人殺しだよ減刑なんてしなくていい!
殺させるために産まれて来たんじゃないよ。 

Jさん
いやー、私は何度も子供に手あげてるw
張り手して痛い思いさせて流血回避させる日々の虚しさよ。。
見栄張ってSNSに投稿しよう♪とかして、化粧したり準備してる間に子供共々電池切れるやる気。
こういう事件あると「手なんてあげてません!殺意なんか湧きません!」とか綺麗事コメントしてる聖母の多い事多いことwww
私なんか殺意一歩手前の感情なんて常に抱え込んでますわw
それを私はそんな事ないです!
きちんと育児してます!だなんて。。
なんと立派なことだろうか!w
ワンオペだろうが、周囲からの手伝いがあろうがキャパなんて人それぞれなんだ。
明日は我が身と常日頃から考えるべき。
今ヘラヘラ笑って遊んでる私ら親子も、いつこんなふうにスイッチ入ってこうなってもおかしくないんだよなぁ。。
実際この人は線を超えてしまったんだから、誰でも超えてしまう可能性を持ってるはずだ!と気を引き締めて育児していかねばだね。
Kさん
旦那さんは優しい人だったけれど借金まみれでリコンしました。元気のない母を励まして癒してくれたのはいつも息子の笑顔でした。今息子は私よりデカくなり頼もしいです。今いろいろな事情があって苦しみながら子育てがんばってるお母さんに伝えたいな、ひとりで抱え込まず自分の親とか友達とかに救けてもらうのも手だよ、がんばりすぎないで、可愛いわが子を殺さないで下さい!その苦労がいい思い出になる日がきっと来ますよ。 
Lさん
お母さんに勇気があれば。育児にさんかしない、家にはいない、自分勝手、オマケに甲斐性なし。父として、夫としての価値なし。私もそんな生活で8歳と新生児を育てていました。私のイライラ、不安が子供の笑顔をうばっているのに気づき。離婚しました。シングルは体力的に大変だけど精神は不思議とおちつきました。このお母さんにも自分と子供の人生を守っていこうという勇気があれば、この子は誕生日を祝う事ができたのに。
Mさん
3世帯家族ってのはやっぱり理にかなってるよ。こういう事件見るにつけ。だって、どちらかの親がそばに住んでいれば育児代わってもらうことだってできたわけでしょ。母親も気の毒だわ。 
Nさん
 やっぱ金か〜。金持ってても、子供出来ずに悩んでたり、パートナーすらいなくて困ってる人もいるのにね。。。

なんで貧困なのに子供産むん??

Oさん
旦那は嫌いです。結婚して価値観の違いがよくわかり、考え方も全然違うし優しさも経済力もたいしてない。そんな家はいっぱいあると思うよ。みんな子供のために踏ん張ってるのに。 
Pさん
 子ども3人出産しました。自分の体調不良、それでも子どもの面倒はみなくちゃならない。全てを投げ出してしまいたくなることもあります。子どもと離れたい、面倒なんかみたくないと思ったりすることもあります。でも産んだことは後悔はしていません。

 

Qさん

旦那に不満があろうが、育児が大変だろうが、生活が苦しかろうが、子でもには何の罪もないの!
まだこの人は母親になりきれてなかったんですよ!母親ならこんな事はしない!

 

Rさん
 昔人からそれぞれの大変さは違うものの、子育てはやってきた。
しかも子供の数だって多かった。なぜ今、こんなにも子供を育てることができなくなってしまったの?

理解ができません。

 

Sさん
子供3人子育て1番大変な時に旦那は12時帰宅の部署にいたし同居の姑は孫の抱っこもしない、嫁イビリ、義妹は毎日来ると大変だった。
でも子育ては必死でしました。
大きくなった子供達は今では頼りになる存在。
こういう方は2度と子供を産んで欲しくない。
又の可能性があるのだから。 
Tさん
 動機なんて子供には関係ないのに…
不仲だったから、育児押し付けられたから
って、そんなの理由にならない。
人一人の命奪ったんだから
減刑とか、マジでありえない。

 

Uさん
シングルマザーのわたしでもイライラしたって子どもに手をあげたことなんてない。どんな状況であろうとも子どもに手をあげる理由になんかならない。 
Vさん
 日本の賃金が低いんだよー!そのうち低所得者は子供作るな!とか言われそう。
Wさん
こう言ったらなんだが、無職なんだろ? 共働きでも育児を一人でこなしている母親もいるつーの。
Xさん
 私も二児の母親として当たりどころにどうしていいかわからず、泣きたくなることもあるからわかります。 でも、、言葉悪くてごめんなさい。画像、、、なにがハッピーデイズだよ!!ダメだよ!深呼吸しなきゃ!殺しちゃいかんだろ!

 

Yさん

責任がなさすぎる。
子供の命ってなんだろう。
私だって、子育てにイライラするよ。主人にイライラするよ!
だけど死ねなんて思ったことも考えたこともない。子供を殺すなら、その子供を産んだあなたも死ぬべきだよ。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ