中国衛星画像にマレーシア航空機MH370機体残骸?インド洋南部

3月21日、アメリカのヘーゲル国防長官は、消息を絶ったマレーシア航空機の捜索

についてマレーシアのヒシャムディン国防相兼運輸相代理と電話で協議した。

ヒシャムディン国防相は海中探査機の提供をアメリカ側に要請し、ヘーゲル国防長官も

可能かどうか検討して早急に返答すると約束した。

【ネタ元 時事通信社 3月22日12:09 】

 

中国当局は3月22日、衛星画像にインド洋南部の海域でマレーシア機の残骸のような

浮遊物体が写っていると発表した。衛星画像は18日の昼頃撮られたもので、

オーストラリア当局が先にインド洋南部の衛星画像で同様の浮遊物体を確認した地点から

さらに南西120キロ離れた場所。同じ浮遊物かは不明だ。

オーストラリアもまた浮遊物を確認した海域の捜索を行ったが、発見には至っていない。

マレーシア、中国、オーストラリア、米国、ニュージーランド、日本

と多くの国が捜索にあたっているがいまだMH370便の行方は不明だ。

【ネタ元 時事ドットコム2014/03/22-21:40

 

残骸がマレーシア航空機のものの可能性が高いとみて、マレーシア側は

アメリカへ海中探査機の要請をしているのだろうか。

MH370便が行方不明になってから2週間。レーダーから消えた機体は

どこへ向かいどうなったのか?

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ