高校生平和大使にジュネーブで演説させなかった今年の日本

昨日、アメリカトランプ大統領の側近で極右派のバノン氏が解任になったから、北朝鮮との緊張が弱まるかもと書いたが、これは誤りだった。極右でも、この人は「開戦後30分でソウルに居る1000万人が死亡するという難題を解決しない限り、軍事的な選択肢はあり得ない」と言ったことがトランプ大統領の逆鱗にふれたというのである。白人至上主義者というレイシストであるから、北朝鮮への軍事攻撃をしたい人なのかと思っていたら、トランプ政権内で、「攻撃などありえない」と言っていた人らしいのだ。

天木直人さんのブログでそれを知った。

http://kenpo9.com/archives/2059

つまり北朝鮮との戦争反対派が更迭されたということになるそうで、レイシストの部分はいただけないけれども、日本にとってはこれは一番悪いニュースだと思った。

 

この前のウーマンラッシュアワー村本さんが出ていた朝生の回で、田原総一朗さんが、「9月9日」というような不気味な日にちを口にしていたが、本当に開戦してしまうのだろうか。

つまり北朝鮮問題ではトランプ大統領を止める人がいなくなってしまっているということらしいのだ。どうなってしまうのだろう。

Sponsor Link

今年、日本は高校生平和大使にジュネーブで演説をさせなかったという話がニュースになっていた。

https://this.kiji.is/271394795680957949 共同通信 2017/8/19 06:45

なにこれ。高校生にまで口封じする政府。まさに戦前へ逆戻りではないか。恐ろしい話。

ウーマン村本さんが安倍首相を「なんとなく戦争のにおいのする人」と言ったのは的を得ていると思う。戦争好きの人たちが牛耳ってしまっている日本、好戦的なアメリカ大統領トランプ氏、今年の8月ほど敗戦で焦土と化した72年前の映像が身近に感じられる夏はない。

東京新聞政治部のツイッターで自民党の改憲草案と現日本国憲法を読み解く記事がまとめて掲載されている。

憲法9条部分の自民党改憲草案がひどすぎる。戦前回帰であり、またぞろ徴兵制でも言い出しかねない草稿になっている。
自衛隊は国防軍となっており、「内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。」

さらに天皇は象徴ではなく元首と位置づけているところは全くの戦前回帰ではないか。改憲を言い出したのが国民側ならいいのだが、憲法を守るべき人が憲法改正を言い出すことが憲法違反である。

 

 


 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ