兵庫県高校生3人が水に落ちた高齢者の命を救った機転とは?

昨晩の「コードブルー」、「人を助けようとして」命をなくしてしまったとかかなり重い話だった。「人を助けようとする気持ちのすばらしさ」はわかるけれど、自分の愛する人が亡くなってしまうとかなら、確かに横にいるものとしてはただただ悲しいだけ。しかし「助けない」ことを選択するというのも心情的には嫌だし…。どうするべきか。

Sponsor Link

よく、水の事故とかでおぼれている人を助けようとして亡くなる人がいるけれど、高校生3人の人助けの話がよかったので掲載。

7月31日、兵庫県立浜坂高校2年生3人組で海釣りに行っていたとき、近くで高齢の女性(80)が海に落ちた音と声を聞いた。親戚の男性(75)が女性を助けるために飛び込んだが、3人の機転のきいた連携で、高齢者二人を救うことができたという話。兵庫県から表彰された。

機転の利いた連携とは?

自分が飛び込んでもまず引き上げることはできないだろうと判断、

谷口君と中島君が港にあったロープを垂らして2人を岸壁に引き留めている間に、田西君が119番通報、近くの漁師に助けを求めてボートを出してもらう

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00000008-kantelev-l28

 

3人でいたことも幸いだったけれど、あえて水の中に飛び込まなかったことを褒めたい!本当に素晴らしい連携プレーだと思う。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ