北朝鮮ミサイルの影で安倍首相安堵?加計学園問題をうやむやにするな

このところ、北朝鮮のミサイルに気を取られて、高まりつつあった問題だらけの加計学園獣医学部新設問題があまり注目されなくなっている。

9月5日の加計学園問題関連のニュースといえば、国家戦略特区諮問会議を開き、議長である安倍首相が「省庁間で『言った、言わない』の水掛け論に陥り、国民的な疑念を招く結果となった」と言ったという話だけ。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017090501002160.html 東京新聞2017年9月5日 21時00分

言った言わないの水掛け論とかではないと思うけど…。加計問題って。

国会が始まったら再燃するのかしらん?加計学園の認可が10月まで引き延ばされているからその時にはまた問題にはなるよね。

Sponsor Link

北朝鮮のミサイルの影に隠れて、加計学園が高額な請求書を回して公的資金を引き出そうとしていたことなどがうやむやになってしまってはならないと思うし、「国民には丁寧に説明する」と言った安倍首相からまだ丁寧な説明など全く受けていない国民としては、マスコミに忘れずに追及して欲しいと思っている。

なんとなく戦争臭が漂い出したことは最近の報道からわかる。国としては戦後最大の危機。

でも加計問題もこのままうやむやにしてほしくない。

 

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ