なぜ日本が戦火にさらされかねない状況に陥っているのか?

9月13日、11日の安保理決議に対して北朝鮮が日本を名指しで言ってきた。

【ソウル時事】14日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は13日、報道官声明を出し、国連安保理での対北朝鮮制裁決議に関し「日本は米国の制裁騒動に便乗した」と非難した。その上で「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」と威嚇した。

時事ドットコムニュース2017/09/14-08:23

世界各国が「対話」をと言っているときにあちらこちらに「圧力を」「圧力を」といいつける安倍首相の行動がなにをしでかすかわからない隣国をさらにあおっている。

国をどこに持っていきたいのか。国の代表として安倍首相がしてしまったことはもう取り返しがつかないけれど、戦争なんてこれっぽっちもしたいと思っていない私たち国民は、知らない間になぜこのような事態に追い込まれてしまったのか首をかしげるばかりだ。

今年の夏、被爆者の会代表の方が安倍首相に「あなたはどこの総理大臣ですか」と問われたことを思い出した。

さらに下記の現代ビジネスの記事を読んだらゾッとした。

米朝衝突「その時」日本はここが狙われる

なぜこんなことに?

そして時事通信社によると、

米NBCテレビは13日、米軍高官の話として、北朝鮮が過去48時間以内に移動式の発射台を別の場所に移し、ミサイル発射実験の準備を行っていると報じた。

時事ドットコムニュース9/14(木) 15:24配信

 

祈ります」…って昭恵夫人だったわ。

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ