ベッドガードは危険、18か月以下の赤ちゃんには使用不可

9月26日、夕方のニュースで良かれと思ってつけたベッドガードで赤ちゃんが死亡する事故が起こっているという話があったので調べてみた。

 

問題になっているベッドカバーは、真ん中がネット状になっており、パイプにはカバーがされている。見たところ、何の問題もなさそう。しかし、これを大人用のベッドにつけて赤ちゃんを寝かしていたところ、赤ちゃんが寝返りをしてベッドのマットとベッドガードの隙間に落ちてしまうということがままあるようであり、自力でははい出ることができない赤ちゃんが窒息死するなどの危険性があるという。

下記朝日新聞記事内の図に詳しい。

http://www.asahi.com/articles/ASK973W0DK97UTFL002.html 朝日新聞2017年9月8日05時02分

ベッドガードはネットなどで購入でき、「赤ちゃんの転落防止に」というような言葉で売られているが、実際に使えるのは1歳6か月以降(18か月)からとなっている。ご注意を。

大人のベッドに寝かせずベビーベッドに寝かせた方がいいと思われる。

Sponsor Link

もう一つ消費者庁ツイートに赤ちゃん関連の事故ツイートがあったのでこれも掲載しておく。

 

これについての事例とは?

① つかまり立ちの事例

【事例1】 21時頃、グリルで魚を焼いているとき、子どもがつかまり立ちをして、グリルの側面に手をついてしまった。グリルまで手が届くとは思わなかった。
(受診年月 2014年6月、10カ月・男児)

② 使用後に事故が起きた事例

【事例2】 17 時半頃、魚焼きグリルのガラス面に触って左人さし指から小指をやけどした。グリルは火を消した後だったが、余熱が残っていた。受傷時に泣いたため気づいた。
その後、水道水で洗浄冷却した。 (受診年月 2016 年 1 月、1 歳 1 カ月・女児)

 

【事例3】 使用後の魚焼きグリルのガラス面に触れ、左 掌てのひら
をやけどした。触ったすぐ後に流水で冷やし、保冷剤で冷やした。左掌ほぼ全体が赤くなり、水疱すいほうができた。
(受診年月 2016年4月、1歳0カ月・男児)

③ 言葉で注意しても事故が起きた事例

【事例4】 11 時半頃、グリルで魚を焼いていた。子どもが近づいてきて足元によってきた。言葉で注意したが、グリルに触ってしまったようす。右人さし指から小指をやけどした。 (受診年月 2012 年 6 月、1 歳 8 カ月・女児)

④ キッチンの柵に関する事例

【事例5】 18 時半頃、キッチンで夕食の準備中、魚焼きグリルのガラス面に左手をついたようす。泣き声で気付き、流水で15 分冷却。左人さし指から薬指をやけどした。キッチンに柵はあったが、お手伝い中の兄姉を追いかけてキッチンに入っていた
(受診年月 2017 年 6 月、11 カ月・女児)

⑤ 事故後の対応が難しかった事例

【事例6】 6 時半頃、朝食の準備をしているとき、子どもが伝い歩きでキッチンに入って来て、調理中の魚焼きグリルのガラス面を左手で触ってしまった。受傷後すぐ流水で冷却を試みるも、嫌がってあまりあたっていなかった。普段は進入防止用の柵をしていて、子どもがキッチンに入らないよう気をつけていたが、このときは柵を閉めるのを忘れてしまった。 (受診年月 2011 年 10 月、1 歳 2 カ月・男児)

【事例7】 19 時頃、魚焼きグリルに触れた。親が確認した時は特に症状がなかったため、冷やしたりなどはしなかった。次の日、見てみると左中指と薬指の先端に水疱ができていた。 (受診年月 2014 年 9 月、11 カ月・女児)

以上http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20170921_1.pdf より

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ