安倍政権にNOと言いたい人たちはどこへ一票を投じればいいのか?

選挙選というものはわからないもので、希望の党ができたあの日は、もしかしたら安倍政権を倒すことができるかもしれないという期待があったが、民進党議員の第二次選抜とか小池都知事は出馬しないことがわかると同時に期待もしぼんでしまった感がある。

そこへきて、枝野さんが擁立した立憲民主党が勢いづいてきた。希望の党入りを断られた人たちの受け皿にもなっており、50人を超える勢いというが…

ああいったいどこに入れたらいい?と思ってしまう。安倍政権にNOを突きつけたいという国民の一人としては、一番勝ちそうな野党に入れたいのだ。

党の言っていることが一番的を得ていてずっと応援していた自由党は今回、希望の党に入ることになるようなのだが、代表である小沢一郎さんはどこにも属さず無所属で立候補するという。どうしよう。希望の党も改憲派であることには変わりないしなあ。

Sponsor Link

都政を途中で放り出すことで世間から批判が集まると読んだ小池百合子氏は早々に退散してしまった。都知事を辞められない、小池氏が選挙に不出馬ということがわかると、巷のいけいけムードもなんだかすーっと風船がしぼんでしまった感じ。

うーん、結局民進党が解体して、バラバラになっただけ?ますます混迷してしまったような。

自民、公明に勝てるという見込みの野党ってどこだろう?ずーっと頑張ってきた小沢さんや山本太郎さん、森ゆうこさんたち現自由党には頑張ってほしいんだけれど…

私みたいに安倍政権NOという人たちの票の受け皿っていったいどこになるんだろう?

「安倍政権にNOという人はここに入れてください」というようなはっきりとした党があれば勝てるのにね。

10月10日の公示日まで調整が続くのか?はっきりとした形がいつ見えるだろう?

とにかく小沢さんの言う通り、安倍政権NOなのである。

森友学園、加計学園問題もまだ終わってないんだよ~。

 

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ