一人一人の声が政治に届かない選挙結果にがっかりした日。

衆議院選挙の結果が自民党の圧勝だったのはなぜなんだろう。本当に私たち一人一人の声が届いていないと思ってしまう。

実際に自民党を支持していても、「安倍さんには首相続投は望まない」という人と反自民で安倍さんNOという人を合わせると、「安倍NO」という声がほぼ半数という新聞の調査であった。にもかかわらず、圧勝したから自民党の党首である安倍さんの世が続くということに疑問。

選挙の仕組みが国民の声を反映できないようになっているんじゃない。

このまま、また数の論理でいろんなことを矢継ぎ早に決められてしまうのではないかと危惧しかない。

一番今日そうだと思った記事はリテラの記事。

衆院選結果を受けてリテラが悲嘆にくれながらも社説を書きました!
自民圧勝でも光はある! 立憲民主党は共産党や山本太郎と連携してネトウヨに対抗する草の根リベラルを育てよLitera2017.10.23

安倍政権の独裁化に危惧…

安倍政権が描く、この恐ろしい未来を本当に許すのか? 労働者は使い捨て、家族は国家の下請けに、そして緊急事態条項で独裁OKに
Litera2017.10.22

Sponsor Link

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ