福島原発事故後の子どもの甲状腺がん確定154人、疑い39人に。

10月23日、福島医大が子供の甲状腺がんの2017年6月までの検査結果を発表したという。3月末から6月までの間に新たに1人ががんと確定、2人ががんの疑いと診断されたという。

これは数字の取り方によるもので、実際に福島原発事故が起こった2011年から1巡目、2014年度から2巡目、2016年度から3巡目と検査している。1巡目から3巡目を合わせるとこれでがんの確定は154人、疑いは39人になっている。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171024-214521.php 福島民友2017年10月24日 09時35分

検査結果と人数を実際に分布図にしているサイトでみるとわかりやすい。更新前なので数字はこれより3人増えることになる。

http://www.sting-wl.com/fukushima-children13.html

いつもわからないのは、福島県で子供たちに甲状腺がんの検査を行いながら、あり得ない程の甲状腺がんのこどもたちが出ているのに、「原発事故由来ではないと思われる」と発表すること。

調査していること自体、「事故があったから」なのに?不思議すぎる。

Sponsor Link

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ