元名古屋大生の発言「いまも人を殺害したい」発達障害?

元名古屋大学の女子学生が、77歳の知人女性を殺害した事件、高校時代にはクラスメートにタリウムを飲ませて障害を負わせた事件についての控訴審が10月27日行われたらしい。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171027-00000054-ann-soci テレ朝ニュース10/27(金) 17:05配信

裁判官の問いに、「一審後も人を殺害したいという願望が一日に10回も起こることもあった」と答えたという。

それまでの衝撃発言も記事に出ているが、ごく普通に育ったと思われる女性が、何をきっかけに、なぜ、人を殺害したいと思うようになったか、それが知りたい。

弁護側は、「発達障害」を理由に無罪を主張しているという。

そもそも発達障害って何?と思い、調べてみた。

Sponsor Link

下記のサイトには、発達障害についてはまだ研究途中であり、遺伝、先天的な脳機能障害であるけれども凹凸の作用(得意、不得意)があるためわかりにくく、治ることはないが適切な療育や訓練で症状が回復するというようなことが書かれていた。

http://www.teensmoon.com/pdd/definition/ 子どもの発達障害とは

遺伝、先天的…ということは、幼い頃から何らかの点でおかしいことがあったけれども、学校の勉強については優秀であるため、よりわかりにくかったということだろうか。

この元女子学生が親元から離れて暮らしていることから、日常のことが普通に一人でできるわけであり、脳の機能障害と言われても…本当にそうなのかと思ってしまう。

確かに、いまも人を殺害したいと言い続ける彼女については「常軌を逸している」とか「どこかおかしい」とか思うわけであるが、そもそも「正常」or「発達障害」という分類ですべてを当てはめて、発達障害だから責任能力がないとするのはいかがなものかと思う。

もしかしたら彼女が「一日に10回以上人を殺害したいと考える」というようなことを発言することで、「正常な判断能力がない自分」をあえてアピールし「無罪」を導こうとしているかもしれないとも考えてしまうのだが。

センセーショナルな発言で、大人を手玉にとっている可能性もなきにしもあらずと私は思うけれども…。うがった考えすぎるだろうか。

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ