2017年の間ずーっと説明のないまま引っ張られた森友加計問題

FNS歌謡祭?とか大型の歌番組を見ると、ああもう年末なんだと思う。もうあとひと月ほどで今年も終わりになるかと思えば、早いなあと思う。

今年の2月からずーっとずーっと引っ張り続けて問題になっている森友加計学園問題は何にも安倍首相から説明のないままここまで来てしまった。丁寧に説明するという人はいま何処?

結局、一言も説明もないまま認可が下りる形になり、安倍首相の腹心の友は、無償で土地をもらい、補助金で無償で大学を経営することができることになった。

どうしてこういうことが起こったのか。

もう2017年はずーっとこの話題でもちきりであり、森友、加計学園問題について何も解明されていない。

ただ実際に、首相や夫人の盾になったものは褒美として出世したり、海外赴任したりし、世間が森友、加計問題について忘れるのをじっと待っている。首相に歯向かったのものについては3か月以上拘置所に入れ、家族とも会わせないという仕打ちがなされている。

加計学園理事長については一度もマスコミの前に出てこないまま。マスコミも居場所は知っていても取材できないってことでしょう。それって何?

日本人は、「勧善懲悪ドラマ」が好きなのに。このままではドラマはまったくすっきりしないままじゃない。

「遠山の金さん」か「水戸黄門御一行様」が出てこないかな。

すっきりしたいわ。

Sponsor Link

リテラの記事に頷く日。

加計学園認可を答申した設置審委員が「みんな納得していない」「訴訟で脅された」と告発も、安倍首相は国会から逃亡

リテラ 2017.11.14

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ