「笑っていいとも!」最終回タモリさんグランドフィナーレでスピーチ

3月31日、お昼の長寿番組フジテレビ系「笑っていいとも!」が最終回を迎え、

午後8時から11時14分まで特番「笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の

超特大号」が生放送で行われた。このグランドフィナーレでは、

いままで番組のレギュラーをつとめたことのある芸人、タレント77人が大集合。

司会のタモリさんに「お疲れ様」のことばと感謝の気持ちを伝えるスピーチを述べた。

「笑っていいとも!」は1982年(昭和57年)の10月4日から始まり、2014年

(平成26年)3月31日までの32年続いたことになる。通算8054回の帯番組となった。

Sponsor Link
たくさんの芸人さん、タレントさんに愛された番組で、これは太田光さんの言葉だけれど、

皆が「タモリさんを笑わせたい」一心で「タモリさんに喜んでもらいたい」一心で

作り上げてきた番組だったという。

 

タモリさんの人柄が作ってきた番組だと思うのだが、

タモリさんは最後のスピーチで、

「自分の昔の姿を見るのが嫌いで自分の番組は見ません。

性格がひねくれていまして、不遜で生意気で世の中なめくさっていたんですね、

そのくせ何にもやったことがなかった。その自分に、どうしたことか初代横沢

プロデューサーから仰せつかりましてだいたい3か月から半年で終わるんじゃないかと

思っていたところが32年になりました。

その長い間に、視聴者の皆様がいろんなシチュエーション、いろんな状況、いろんな

思いでずーっと見てきていただいたのがこっちに伝わりまして、私も変わりまして

なんとなくタレントとして形をなしたということなんです。

視聴者の皆様からわたくしに沢山の価値を付けていただき、

またこのみすぼらしい身にたくさんの綺麗な衣装を着せていただきました。

そして今日、ここで皆様方に直接お礼を言う機会がありましたことを

感謝したいと思います。32年間本当にありがとうございました。お世話になりました。」

と述べた。

 

「自分のタレントとしての形はこの番組を通して視聴者に育ててもらったもの」という

その感謝の心が共演者やスタッフ、裏方さんにも伝わり、「タモリさんを喜ばせよう」と

いう気持ちがまた生まれて、32年もの長い間「笑っていいとも!」は続いたのだと思う。

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ