トランプ大統領が北朝鮮へ先制攻撃をしかねない事態らしい。

2018年、トランプ大統領が北朝鮮に攻撃するかもしれないという話が出てきた。鼻血作戦と訳されているが、Bloody Nose(ブラッディノーズ)という言葉であれば、「血だらけの鼻」という意味になる。鼻血作戦と訳せばより軽い感じがするけどね。

少しだけの傷を負わせることで、全面戦争にならないようなピンポイント攻撃で相手の核軍縮を図る??

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9456.php ニュースウイーク2018年2月2日(金)16時45分

平昌オリンピック開幕で北朝鮮と韓国との対話で少し関係も軟化したと思っていたところにトランプ大統領の態度は戦争の方へ向いている。ここへきて、アメリカから先制攻撃すらしかねない感じ。

トランプ大統領が、北朝鮮が攻撃に寄り核軍縮し、反撃もしないと考えるその根拠はなんなんだろう?

どう考えても無謀で、素人が考えてもリスクが大きすぎると思う。戦争が始まったら、多くの人が犠牲になるに違いない。また日本は真っ先に攻撃されるとも思うし。

Sponsor Link

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9445_1.php 2018年2月1日(木)15時37分

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/10/380.php 2017年10月6日(金)13時36分

戦争なんて誰も望んでいないのに戦争に巻き込まれるかもしれない日が近づいてきた。

なぜ権力者は戦争をしたがるのだろう?絶対に自分は死なないから?命令するだけだから?

そうでしょうね。

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ