インサイド・ルーウィン…、60′S、NY、フォーク、猫好き必見映画

いま、この映画が見たい。

2013年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞映画、アカデミー賞を何度もとっている

ジョエル、イーサン・コーエン(兄弟)監督の最新作

『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』である。

Sponsor Link

この映画はボブ・ディランが憧れた伝説のフォーク・シンガー、デイヴ・ヴァン・ロンクの

回想録をベースに兄弟が脚本化したものだそうだ。

 

舞台は1960年代のニューヨーク、なにをやってもツイていないフォークシンガーの

ルーウィン・デイヴィスが、現実にもがきながらもひたむきに生きる、名もなき男と猫との

一週間を紡いだ作品だという。

下記本編映像動画をチェック。猫のかわいらしさも注目だ。

 

 

ルーウィン役のオスカー・アイザックは、全編にわたり、吹き替えなしで歌、ギターに

臨んでいるというからこれも聴いてみたい。

『インサイド・ルーウィン・デーヴィス 名もなき男の歌』のあらすじと内容紹介

2014年5月、TOHOシネマズ、シャンテで全国公開予定。

『インサイド・ルーウィン・デーヴィス 名もなき男の歌』の公開予定劇場情報

 

 

 

 

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ